太陽光発電とシリコンの価格高騰

環境問題の視点から、太陽光発電の需要が世界的に高まった事を受けて、太陽電池の原料である、シリコンが希少なものになってしまい、価格が高騰する事態になってしまいました。

新和工業株式会社 - 太陽光発電 -シリコンは元々価値が高いものですので、太陽光発電を導入する方は、高い料金をかけなければなりません。

そのために、太陽光発電のコストを下げ、購入者の負担を下げようといった動きもありましたが、このシリコンの価格高騰によって立ち消えてしまいました。

さらに、資源に乏しい日本は、自国でシリコンを手に入れるのが困難なために輸入に頼らなければなりません。
参照記事:http://www.porttoulouse.com/

そのために、日本での太陽光発電の料金は、世界的にみてもかなり高価なものなのです。

それでも、少しずつ普及が進んでいるのは、日本が裕福な国である事に加え、環境問題に対しての意識が強い国だからではないでしょうか。

<太陽光発電と情報交差環境問題やエネルギー問題に向けて、世界各国が同じ方向を向いて太陽光発電の普及を目指している中、様々な問題によって思う様に普及が進んでいない状況は悔しいです。

ですが、現在では、シリコンに代わる低コストで発電量の高い新素材の研究も進んでいますので、これから先が楽しみでもあります。